• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 島田土木事務所 > 所長のことば > 所長のことば(令和2年1月6日)

ここから本文です。

更新日:令和2年3月4日

所長のことば(令和2年1月6日)

 新年明けましておめでとうございます。

 年越しにあたり、大晦日、県道川根寸又峡線での落石による通行止めでは、協力会社のご協力により翌日元旦には開通することが出来ましたが、地域の皆様方には、ご迷惑ご心配をおかけしました。今後も地域の安全安心のため、気を引き締めて業務を遂行して参りますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

 9日間という長めの休みもあっという間に過ぎ、令和初の新年が始まりました。今年度残り3か月、課題達成に向けラストスパート。事業の平準化への取組みも進めておりますが、多くの工事等は年度末完了となりますことから、当事務所は、これから業務多忙の日々を送ることになります。

 さて、昨年を振り返りますと、「天皇陛下即位、“令和”に改元」「ラグビーW杯日本開催、“日本ベスト8”」「吉野彰氏“ノーベル化学賞受賞”」と日本中が歓喜に沸く出来事が沢山ありましたが、我々に取りましては、「各地で甚大な被害を発生させた“台風19号他多くの異常気象”」には、これまで我々が進めてきた基盤整備の常識を覆される程の豪雨で、衝撃と同時に地域を守る責任の重大さを痛感させられるものでした。

 それでも、当事務所管内で発生した台風19号施設災害も、計画的に実施中の事業執行の傍ら、災害申請し査定決定を受け仕事納めを迎えたところです。また、その他の事業におきましても地域の多くの方々にご協力いただき、事業を進めることができました。
 今年も引き続き、国道473号金谷相良Ⅱバイパスや、国道362号富士城バイパス、県道焼津森線の道路改良及び街路事業、二級河川坂口谷川の水門工事、相良須々木海岸の防潮堤の本体工事など、地域の発展、安全安心のための事業を進めてまいります。

 これら事業は多くの事業費とロングスパンの期間を要するものも多くありますが、一日も早い完成を目指し職員一同ワンチームで事業を推進してまいります。

今後も引き続き、ご支援・ご協力をお願いいたします。

 

 令和2年1月6日

        島田土木事務所長 佐野 貴洋

«
»