• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 島田土木事務所 > 所長のことば > 所長のことば(令和2年3月30日)

ここから本文です。

更新日:令和2年3月30日

所長のことば(令和2年3月30日)

 静岡でもこの27日に桜の開花が発表されましたが、三寒四温の寒暖差の影響か、目にする桜並木も3分咲きの状態が続いています。

 皆様におかれましては、お変わりないでしょうか。

 

 この4月に着任させていただき、優秀な職員に支えられ、何よりも地域の皆様方に助けていただき、何とか1年間職務を遂行することができました。

 その間、市町の首長・幹部の方々の“まちづくり”に向けたお考え、関係機関・住民の皆様からの“基盤整備への期待”を伺う一方で、建設業の皆様からの“ものづくり”に対する真摯な姿勢に刺激を受けるなど、多くの方々からご意見ご協力をいただきました。志太榛原地域の課題、整備に携わらせて頂き、大変勉強になり、楽しく過ごさせていただきました。

 お世話になりましたすべての方に敬意と感謝を申し上げます。

 

 さて、土木事務所では年度末の締め括りとして予定していた道路、河川等の審議会、会議が新型肺炎の影響で書面議決となるなど、皆様に直接ご意見を伺いたかったところではありますが、概ね完了することが出来ました。

 工事等の影響も、日頃から実践しているリスクマネジメントの応用で、これまで大きな支障は出ていないと聞いています。今後の展開は予想つきませんが、これを機に尚一層、『5Sの実践』や『休暇を取りやすくする』など、建設業全体でピンチをチャンスに変え、頑張って行きましょう。

 

 今年度も最終週を迎えていますが、土木事務所は年度末業務に追われる毎日です。年度内工期の完了届等を確認するにあたり、改めて皆様のお力に敬服するとともに、具現化に向け一歩ずつ進んでいると感じているところです。

 しかしながら、管内の「陸・海・空の交通ネットワーク」を形成する道路事業をはじめ、国土強靭化に向けた河川・防潮堤・水門整備、そして山間部の脆弱な地形や安全安心の暮らしにむけた事業におきましては、引き続き事業推進する力が必要です。

 今後も、皆様方のご理解ご協力のもと、益々当事務所管内が、発展していくことを期待しています。

 

 私はこの3月をもって異動することになりましたが、皆様におかれましては、今後も、 島田土木を盛り上げていただくことをお願い申し上げます。

 皆様に出会い仕事をさせていただいたことを大切にし、次の職場でも、“みんなのための地域づくり”に向け精進してまいります。

 

 令和2年3月30日

        島田土木事務所長 佐野 貴洋

«
»