• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 島田土木事務所 > 所長のことば > 所長のことば(平成30年10月31日)

ここから本文です。

更新日:平成30年11月1日

所長のことば(平成30年10月31日)

10月は、台風24号がもたらした大きな被害から始まりました。その後の停電により不自由な生活を余儀なくされた方々も多くいました。中部電力管内では最大77万戸の広範囲にわたる停電でした。ライフラインの重要性が浮き彫りになりました。最大瞬間風速46.8m/sという強風による倒木が相次ぎましたが、法面崩壊等による大規模道路災害が起きなかったことが、不幸中の幸いでした。

12月には第5次災害査定がおこなわれます。早期の災害復旧に所員一丸となって頑張ってまいります。

 

 

仕事や人生について思うこと

今、内閣府ではSociety5.0を科学技術政策として打ち出しています。Society5.0は狩猟社会(1.0)、農耕社会(2.0)、工業社会(3.0)、情報社会(4.0)に続く、新たな社会を目指すもので、『サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)』と定義されています。(内閣府HP

IoT、ロボット技術、AIやビッグデータなどにより現代社会の抱える環境・格差などの課題解決を図り、SDGsの達成も可能になるといわれています。

土木分野でもICTの活用が進んでいます。最新テクノロジーにより豊かな安心して暮らせる生活は素晴らしいとは思いますが、テクノ技術の発展と相まって人間そのものも成長していかないといけませんね。

 

 

  • 10月における出来事など(管内ほか)

【島田市】

「島工(島田工業高校)点検隊」公共施設劣化診断体験(10/24)

【吉田町】

吉田町防潮堤整備着工式(10/13)

【焼津市】

「あんしん横断歩道」完成・JR焼津駅南口(10/10)

【管内】

 台風24号来襲・県内過去最大規模の停電(10/1~)

【富士山静岡空港】

 新国際線ターミナル供用開始(10/30~)

 

                                                                       平成30年10月31日

                        島田土木事務所長 内山 和好

«
»
所長のことば