• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 島田土木事務所 > 所長のことば > 所長のことば(平成31年4月23日)

ここから本文です。

更新日:平成31年4月24日

所長のことば(平成31年4月23日)

平成314月に所長に着任いたしました佐野です。

私は、当事務所初めての勤務であり、地理を覚えることからのスタートとなりますが、どうぞよろしくお願いします。

着任以来3週間が経過しましたが、その間、管内4市2町や関係機関の方々にご挨拶させていただきました。また、所内各課の今年度当初目標についてのヒアリングを行ったところであります。

 

改めて、海岸部から山間地まで広い管内は、自然も人も様々な拠点も魅力的で美しいと感じました。また、地域の皆様方からは、地元愛に加え、多様なポテンシャルの高いエリアを益々飛躍させようとする熱意と同時に、我々の基盤整備に対する期待も痛感したところであります。当事務所各課長等からも、「地域の思いを推進力に」と今年度の力強い意気込みを聞き、私もその一翼を担っていきたいと思いを新たにしたころでありますので、前任者と変わらぬご指導ご鞭撻を、よろしくお願いいたします。

 

あと数日で平成から令和の時代にバトンタッチされます。私同様在職30年を超える職員は、昭和を含め3つの時代に勤務することになりますが、その間、社会情勢は刻々と変化し、人々の暮らしに対する考え方も多様化、高度化しておりますが、我々の使命、“ものづくり”であります基盤整備、地域の安心安全の取組みは、いつの時代も本質は変わりありません。今後、令和の後の時代まで存続させる、強固で利用しやすい基盤でなければと思っております。

 

当事務所では、本年度、「陸・海・空の交通ネットワーク」を形成する国道473号の整備事業や市街地の発展に寄与する都市計画道路等を中心に、防潮堤、水門整備の他、山間部の脆弱な地形や安全安心の暮らしにむけた事業などを、皆さんの声を聞きながら取り組んで、引き続き“未来の志太榛原づくりに”繋げていきたいと思っております。

 

本年はラグビーワールドカップ開催の年、「ワンフォアオール、オールフォアワン(ひとりはみんなのために、みんなは、一つの目的のために)」のラグビー精神は、我々土木の仕事そのもので、そのミッションは、一人ひとりが思いを一つにして成し得るものだと思っております。“地域の発展と安全安心の暮らしのため”「チーム島田土木」で尽力してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。 

 

 

 平成31年4月23日

        島田土木事務所長 佐野 貴洋

«
»