• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 島田土木事務所 > 所長のことば > 所長のことば(令和2年4月1日)

ここから本文です。

更新日:令和2年4月2日

所長のことば(令和2年4月1日)

 はじめまして、このほど島田土木事務所長になりました佐藤と申します。

当土木事務所には2回目の配属となります。

 ここ最近、世の中は得体の知れない「新型コロナウイルス(COVID19)」の感染拡大で脅威を感じております。

これらの感染症は、動物の感染症(いわゆるズーノーシス=動物由来感染症)が、動物の宿主から人間に感染したものが多く、人間に最も近い人間以外のほ乳類からの感染が主だそうです。

 病原菌は宿主の体内の生化学的な環境に適応すべき進化する。したがって新たな宿主の体内環境が元の宿主体内環境に類似していれば、新たな宿主に感染するのはたやすい。

 甘く見ると大変なことになります。

感染しない、感染させないためにも「とにかく手洗い、手洗い、咳エチケット」

 土木の仕事は、計画、設計、現場と常に人間と接触する環境があります。

今は感染経路がわからない人たちが半数を占め、30代以下の人たちにも感染者が見られるようになってきています。

 かといって今動いている仕事を止めるわけにはいきません。どうか、今示されている感染予防対策を守って、みんなで感染症の抑え込みに協力してください。

 土木事務所長の最初の挨拶がこのようなお願いになってしまい申し訳ありませんが、一人ひとりが、この危機にできることから対応していくしかありません。

 どうぞよろしくお願いします。

                         

 令和2年4月1日

        島田土木事務所長 佐藤 勝彦

«
»