• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 島田土木事務所 > 若手のことば > 若手のことば(平成30年3月26日)

ここから本文です。

更新日:平成30年6月21日

若手のことば(平成30年3月26日)

私は、県の土木技術職員として入庁6年目、島田土木事務所に赴任して2年目となりました。当土木事務所では、主に河川事業に係る予算管理や調整を行っています。

私の出身地は東京なのですが、母が島田市金谷の出身であり、祖父の家が金谷にあります。小さな頃は、盆と正月を祖父の家で過ごしていました。正月には、近くの巖室神社へ初詣に行ったことをよく憶えています。当時のお茶の郷(ふじのくに茶の都ミュージアム3/24オープン)へ遊びに行った思い出もあります。

そんな縁もあり、静岡県へ就職させていただきました。最初の赴任先は、下田土木事務所の工事課で、下田市と南伊豆町での工事担当として2年間携わっていました。 

その後、県庁の技術管理課というところで2年間仕事をし、平成28年度から島田土木事務所に赴任してきました。配属が企画検査課だったため、直接工事を担当することはなかったですが、精一杯仕事をさせていただきました。

そんな私ですが、このたび岩手県への派遣が決定いたしました。4月より岩手県沿岸広域振興局で災害復旧事業に携わります。早期の復興を目指して粉骨砕身の覚悟で頑張っていきます。 

これを読まれた方は、ぜひとも岩手県へ遊びに来てください。岩手県をはじめ災害を受けた地域に行くことで現状を理解できますし、お土産などを買うことで少しでも地域振興にもなると思いますので、それが一番の復興支援になると考えています。私も昨年の夏に、プライベートで現在静岡県から派遣されている職員のところへ遊びに行きましたが、貴重な経験をすることが出来て、とても良いところでした。

最後に、石垣所長をはじめ事務所職員の皆様には御指導いただきましてありがとうございます。2年間大変お世話になりました。

 

今月の「所長のことば」も是非ご覧ください。

http://doboku.pref.shizuoka.jp/desaki2/shimada/index_shocho_no_kotoba_base.html

 

                     採用 6年目(島田土木2年目)主任 KN

«
若手のことば