• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 島田土木事務所 > 所長のことば > 所長のことば(令和2年12月)

ここから本文です。

更新日:令和2年12月4日

所長のことば(令和2年12月)

 今回は、自分が新人の頃、先輩からいただいた言葉を紹介します。

「できない理由を百並べるのではなく、まずは一粒の汗を目の前の住民のために流してみよう。

困っている住民の前に、たった一人 自分しかいなかったら、右も左もわからなくとも、とにかく行動してみよう。

変わることなく、住民のほうに目を向け、真っ青な空の下でも、土砂降りの雨の中でも街づくりの夢にまい進しよう。

毎朝、職場の小さな担当デスクから、住民の輪に飛び込み、嬉々としている先輩職員の後姿をじっと見よう。

そして、精一杯住民と関わったら、定年退職の日には、生まれ変わった故郷を目に焼き付けて、うれし涙で職場を去ろう。」

 これは、自分が新人のころ右も左も解らないとき、引退を数年後に控えた先輩の書き残したものです。この方は、自ら言葉のとおり体現していました。こんな風に仕事に向き合えたらいいなと思い、毎年県民手帳が新しくなるたびに、貼り付けて読み返してきました。

 自分は、果たしてこのように仕事に向き合えてきたか解りませんが、一番気に入ったフレーズを紹介させていただきました。

 

                 

令和2年12月吉日

島田土木事務所長 佐藤 勝彦

«